学校法人尾張学園 豊田大谷高校

お問い合わせ 資料請求

トップページ > 豊田大谷高校

豊田大谷高校

お知らせ 3.20 『今日までそして明日から』 ~ 未来につながる思い

本日(20日)、終業式を行い、平成30年度を締めくくりました。

校長からは、「自分の責任を果たし、来年度さらに上を目指そう」と生徒への激励がありました。

続いて、多くの学業優秀賞、各種資格取得、など表彰伝達がしばらく続きました。その時間に、この1年の生徒たちが様々な分野で努力を重ねてきたことの重みを感じることができました。

生徒指導部長の「さらに良い学校にしていこう」というソフトな檄のあと、校歌を歌い、本校の1年が幕を閉じていきました。


お知らせ個別ページ|2019-03-20|

お知らせ 3.11 寄り添うことの大切さ~春の校外実習

人間福祉コース1・2年生は、恒例の春の体験学習に取り組んでいます。 今回は、高齢者デイサービス施設、障がい者施設、こども園などでの活動です。

日頃の座学で学んだことを、実際の介護・介助、保育補助に、また、そこでのコミュニケーションに生かそうと、目線を合わせながら活動できていました。そのなかで、人に寄り添うことの価値を実感できることと思います。

3日間の実習ですが、「困っていることや辛いことはないかな」と尋ねると、「大丈夫です」と笑顔で応える姿は、大変頼もしく感じられました。

人に寄り添う力を身に付け、ひと回り成長して「先輩」として、新1年生を迎え入れてくれることでしょう。 春はすぐそこです。


お知らせ個別ページ|2019-03-20|

お知らせ 3.8 笑顔を届けたい~ダンス部コンサート


ダンス部は例年「卒業コンサート」として、1年生から3年生まで一緒に発表会を行っています。今年は例年より少し早めに、豊田市福祉センターで行いました。


この1年、大会、イベント、コンサートで踊った曲目をすべて披露します。


踊る部員たちも大変ですが、衣裳、音響、照明などスタッフも大仕事です。


表彰されることも、賞品が出ることもありませんが、指先まで表現し、表情まで作り上げて、生徒たちは全員、青春のすべてを体現していました。


きっと、会場に詰め掛けてくださった皆さんにも、彼女たちの思いが届いたことと思います。


すでに卒業式は終わっていますが、今年度のダンス部はこれをもって、卒業・解団となります。


今日までダンス部を引っ張ってきてくれた3年生の潤んだ瞳に、後輩から、会場から惜しみない拍手が長く続いていました。



 



 



お知らせ個別ページ|2019-03-19|

お知らせ 若き才能集結~「第6回豊田大谷CUP バスケットボール大会」3/2・3

本校バスケットボール部主催、豊田大谷CUPも、お陰様で第6回目を数えました。豊田市内を中心に15チーム、総勢300名を超えるプレーヤーが、ご参加くださいました。

今回もゲスト講師として、NBA解説などメディアで連日大活躍中の塚本清彦さん、日本代表キャプテンとして活躍された榊原紀子さんをお招きし、クリニック(技術指導)を行いました。中学生の皆さんは、丁寧な解説に目を輝かせながら聞き入っていました。

2日目の交流戦では、才能豊かなプレーヤーたちがコートを縦横無尽に駆け回り、素晴らしいプレーを見せてくれました。最後には高校生とエキシビションマッチを行い、交流を図りました。

各チームの先生方、高校の練習にもぜひお気軽にお越しください。


お知らせ個別ページ|2019-03-19|

お知らせ 第23回豊田大谷杯 愛知県中学生女子ソフトテニス大会

3月9日(土)晴天のなか、県下69校の参加を得て女子団体戦を行いました。会場は豊田大谷高校、保見中学校、けんぽの森コートの15面を使用して熱戦が繰り広げられました。お昼ご飯の代わりに無料で全員に配布される、五平餅と豚汁に舌鼓を打ちながら一日楽しい時間を過ごしていただきました。
《大会結果》
優 勝  豊田市立朝日丘中学校
準優勝  豊田市立井郷中学校
第3位  名古屋市立神の倉中学校
第3位  豊田市立豊南中学校
第5位  岡崎市立矢作中学校
第5位  幸田町立幸田中学校
第5位  名古屋市立はとり中学校
第5位  安城市立安城北中学校

みなさんおめでとうございました。夏の大会に向けて頑張りましょう!!!


 


お知らせ個別ページ|2019-03-14|

お知らせ 3月4日 それぞれの旅立ち~卒業式

蕭々(しょうしょう)と降る雨の朝となりました。
本日は第33回の卒業証書授与式を挙行いたしました。
卒業者名簿を読み上げる担任の思いに応えようと、はつらつとした声が体育館に響き、卒業する300名の代表に、校長から証書が手渡されました。
「誰でもできることを誰にもできないほど続けてみよう」と校長が式辞を述べた後、理事長からは、「一隅を照らせる人となれ」と餞(はなむけ)の言葉をいただきました。
3年間の歩みをかみしめるような卒業生答辞では、思わず感極まる場面もあり、その確かさと重さが感じられました。
卒業生が退場した先には、雲間からの眩しい陽射しが降り注いでいました。
卒業おめでとうございます。


お知らせ個別ページ|2019-03-04|

お知らせ 3.1 思いを形に~卒業式予行演習

3月に入りました。
土日を挟んで卒業式前日です。
この日は在校生も予行演習を行いました。
本番さながらの緊張感の中、いい練習ができました。
天気予報はいまいちですが、いい卒業式になりそうです。




 



お知らせ個別ページ|2019-03-01|

お知らせ 2.28 名残を惜しんで~予餞会

卒業式までのカウントダウンがあと2となりました。
3年生は卒業式練習の後、予餞会で楽しい時間を過ごしました。
後輩たちの思いのこもったパフォーマンス、3年間の振り返りスライドショー、そして、お世話になった先生方からのメッセージと、笑いあり涙ありのとてもいい時間が流れました。
「中学生活に比べて中身が濃い3年間でした」と語る生徒やハンカチで目を拭う生徒たちの姿が、充実した3年間を象徴しているように思えます。
残された2日間、ゆっくり流れる時間として、噛みしめてほしいものです。


お知らせ個別ページ|2019-03-01|

このページの上へ