奨学生、入学金減免制度など

Scholar/Admission fee reduction

本校独自の奨学生制度

奨学生(特待生)制度

学業奨学金:全コース

心身ともに健全で、調査書の評定が本校で定める基準を満たしている者

種別 特典・給付の概要
学業奨学生1 入学金全額を免除し、授業料・教育充実費全額相当額を給付します
学業奨学生2 入学金後納分を免除し、授業料・教育充実費相当額の半額を給付します
技能奨学生:全コース

スポーツの技能が特に優れ、県大会に出場し、あるいは、これと同等の技能を有している者で、中学校長より推薦され、本校の部顧問および校長が認めた者

入学金減免・入学支援制度

入学金減免制度・入学支援制度

本校入学金から愛知県入学納付金補助額を差し引いた額が下記のいずれかに該当する方について、入学後に還付します。ただし、差し引いた額が「0円」となる甲Ⅰ・甲Ⅱ区分に該当する方は、制服代金(夏冬一式セット)及び体操服セット代金相当額を入学後に還付します。

・入学時に、兄姉が本学園(豊田大谷高等学校・名古屋大谷高等学校)に在学中の場合、入学金の全額(20万円)を入学後に還付します。
・兄弟・姉妹が本学園の学校に同時に入学される場合、それぞれ入学金の半額(10万円)を入学後に還付します。
・父母・兄姉が本学園の学校の同窓生の場合、入学金の半額(10万円)を入学後に還付します。

大学進学奨励金

『現役で国公立大学に入学』した場合、お祝い金として20万円(大学合格時10万円、大学入学時10万円)を贈呈します。

検定・資格取得支援制度

奨学生(特待生)制度

豊田大谷高等学校では、本校在籍中に以下の検定・資格に合格した生徒に対して学校が検定料を全額負担します。

検定名称 主催 対象等級
実用英語技能検定 日本英語検定協会 準2級以上
日本漢字能力検定 日本漢字能力検定協会 準2級以上
実用数学技能検定 日本数学検定協会 準2級以上
情報処理技能検定 日本情報処理検定協会 表計算準1級以上
日本語ワープロ検定試験 日本情報処理検定協会 2級以上
ホームページ作成検定試験 日本情報処理検定協会 2級以上
文書デザイン検定試験 日本情報処理検定協会 1級
情報処理技術者試験ITパスポート 情報処理推進機構
マイクロソフトオフィス
スペシャリスト(MOS)
株式会社オデッセイ
コミュニケーションズ
スペシャリストレベル
Word・Excel
PowerPoint
福祉住環境コーディネーター検定試験 東京商工会議所 3級以上

国の就学支援金及び愛知県の授業料軽減制度等【還付型】(平成30年度実績)

愛知県の私立高等学校に通う生徒の保護者の負担を軽減するため、一定の条件を満たす場合に、授業料の一部が補助されます。(愛知県の補助制度は生徒と保護者が愛知県在住の方に限ります)

区分 補助額 左のうち国の就学支援金額 保護者の所得基準(父母の合計収入※) 本校授業料実質負担額
甲 I 月額32,000円 月額24,750円 非課税または生活保護の世帯
【年収250万円未満程度】
月額0円
甲 II 月額32,000円 月額19,800円 市町村民税の所得割額51,300円未満の世帯
【年収350万円未満程度】
月額0円
乙 I 月額22,100円 月額14,850円 市町村民税の所得割額154,500円未満の世帯
【年収590万円未満程度】
月額9,900円
月額9,900円 市町村民税の所得割額163,500円未満の世帯
【年収610万円未満程度】
乙 II 月額16,600円 月額9,900円 市町村民税の所得割額271,500円未満の世帯
【年収840万円未満程度】
月額15,400円
その他 月額9,900円 月額9,900円 市町村民税の所得割額304,200円未満の世帯
【年収910万円未満程度】
月額22,100円
その他 月額0円 月額0円 市町村民税の所得割額304,200円以上の世帯 月額32,000円

愛知県の入学金補助【還付方式】(平成30年度実績)

愛知県の私立高等学校に入学された方に、県が入学納付金の一部を補助します。

主な奨学金制度

※下記金額は、平成30年度実績の年額

名称 補助額 補助形態
尾張学園育英資金 60,000円 給付
東本願寺奨学金 50,000円 給付
愛知県私学奨学資金財団 120,000円 貸与
愛知県教育委員会 360,000円 貸与
交通遺児育英会 480,000円 貸与
豊田市教育委員会 96,000円 給付

など