証明書・届出用紙ダウンロード

Download

出欠停止扱いの感染症について

本校では、学校保険安全法により、生徒が感染症にかかった場合、本人の休養と他人への蔓延・流行を防ぐために出席停止の処置をとることになっています。

出席停止扱いの感染症

第一種感染症 エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、痘瘡、南米出血熱、ペスト、マールブルグ熱、ラッサ熱、ポリオ、ジフテリア、重症急性呼吸器症候群(病原体がSARS(サーズ)コロナウィルスであるものに限る)、鳥インフルエンザ(病原体がA型インフルエンザウィルスであっては、その血清亜型がH5N1であるものに限る)
※上記の他、新型インフルエンザ等感染症、指定感染症及び新感染症
第二種感染症 インフルエンザ(鳥インフルエンザ(H5N1)を除く)、百日咳、麻疹、流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)、風疹、水痘(みずぼうそう)、咽頭結膜熱(プール熱)、結核、髄膜炎菌性髄膜炎
第三種感染症 コレラ、細菌性赤痢、腸管出血性大腸菌感染症、腸チフス、パラチフス、流行性角結膜炎、急性出血性結膜炎、その他感染症
※この他に条件によっては出席停止の措置が必要とされる疾患として、溶連菌感染症、ウィルス性肝炎、手足口病、伝染性紅斑(りんご病)、ヘルパンギーナ、マイコプラズマ感染症、流行性嘔吐下痢症、アタマジラミ、水いぼ(伝染性軟属腫)、伝染性膿痂疹

上記の感染症と診断されましたら、医師の登校許可がでるまで学校を休み、しっかり治してください。

登校許可がでましたら、担当医師からの「治癒証明書」をもらい、学校に提出してください。
《注意》「治癒証明書」または「診断書」に出席停止期間が記入されていることを確認してください。
    出席停止期間は「欠席」扱いになりません。

治癒証明書のダウンロード

欠席・遅刻・早退届けについて

本校では、欠席・遅刻・早退する(した)場合、届出用紙の提出が必要です。

欠席・遅刻・早退届のダウンロード