学校法人尾張学園 豊田大谷高校

お問い合わせ 資料請求

トップページ > 豊田大谷高校

豊田大谷高校

お知らせ 6.4 青年の主張! ~ 6月全校集会



「生徒たちにさらに活躍の場を」という校長先生の方針のもと、全校集会がリニューアルしました。目玉は「意見発表」です。

1年生は「大谷高校に入学して」
中学校時代にはなかった厳しさと楽しさがある。高校生として高校生活を充実させたい。

2年生は「プラシーボ効果について」
勉強も、部活動も、できると思うことが大事。イメージトレーニングをしながら自信と実力をつけたい。

3年生は「気持ちが大事」
「病は気から」のように、気持ち次第で結果は変わる。自分を信じてがんばりたい。

それぞれ、あたかも弁論大会決勝のような立派なスピーチでした。
生徒諸君は、仲間のスピーチということで、いつもに増して集中して聞くことができていました。

続いて行われた部活動表彰の後、東海・全国大会壮行会を行いました。
女子ソフトテニスとフェンシングの選手が紹介され、力強い挨拶がありました。

みんなで健闘を祈っています。


お知らせ個別ページ|2019-06-04|

お知らせ 5.31 “超”高校「球」児の初夏!? ~ 校内球技大会2



今日は昨日に引き続き、球技大会第2日を実施しました。
梅雨近しを思わせる雲に、空は覆われていましたが、選手たちの笑顔は、(本日最後の)五月晴れ!
真剣にボールを追いかけ、笑顔でプレーをたたえ合う、さわやかなスポーツマンシップが広がっていました。

そのなかに観客数の際立つ好ゲームが展開されています。
覗いてみると、巧みなボールコントロール、正確なパスに、強烈なキック力で
相手を圧倒しているチームがありました。
それもそのはず、彼はグランパスユースの選手です。

本校はグランパスユースの練習本拠地が近く、そこに籍を置く選手が4名います。
日頃は部活動で一緒に活動できませんが、ここでは、大事なクラスメイト。
クラスのために、本気を出して活躍してくれました。
全国ㇾベルの面目躍如に、ほれぼれするクラスメイトたち。
一段とクラスの絆が強くなったようです。

実は熱中症対策のため、昨年よりもひと月早く実施しました。
おかげで、体調の悪くなる生徒もなく、無事に大会を終えることができました。


お知らせ個別ページ|2019-05-31|

お知らせ 5.30 高校「球」児の初夏!? ~ 校内球技大会



今日は毎年恒例の球技大会でした。
さわやかな好天に恵まれ、グラウンド、体育館、中央ホールに分かれ、それぞれ、サッカー、バレーボール、卓球の種目で学級対抗戦を行いました。

日頃はおとなしいと思っていた生徒が、水を得た魚のように、素晴らしいプレーを見せてくれたり、大きな声を掛け合ってチームプレーを盛り上げたりしている姿は、まさに青春そのものでした。
コートの外では、学級の仲間のナイスプレーに歓声を上げたり、お揃いのメガホンを作って声をそろえて応援したりする姿も見られ、初日からムードは最高潮でした。

第2日、明日は後半戦、優勝チームが決まります。
好カードの連続、熱戦が繰り広げられることでしょう。


お知らせ個別ページ|2019-05-30|

お知らせ 5.28 情報メディアコース大健闘 ~ MOS世界学生大会入賞



本校の誇る5つのコース制の中に、情報メディアコースがあります。
そこでは、コンピュータに興味・関心のある生徒が、日々パソコンに向き合って、スキルアップに取り組んでいます。
ソフト活用スキルを証明する資格として、MOSというものがあります。大変難しい資格ですが、本校では、毎年のように合格者を輩出しています。大学進学、就職にも大変有利な資格です。
このたび、MOS世界学生大会2019年日本代表の選考結果の発表がありました。その中の高等学校・高等専門学校・高等専修学校部門のwordに2名の生徒が入賞しました。いわば全国大会入賞です。
また一つ、大きな足跡を残すことができました。

入賞 鶴見 捷斗君(逢妻中学校出身)
入賞 中島和歌菜さん(猿投台中学校出身)

おめでとうございます


お知らせ個別ページ|2019-05-28|

お知らせ 5.27 初夏の風物詩 ~ 教育実習と…



令和が始まってひと月が過ぎようとしています。
この時期といえば、教育実習。
今日から大学生2名が実習生としてやってきました。二人とも本校出身です。
学ぶ側から教える側への転換は、簡単ではありませんが、3週間、頑張ってください。

もう一つ、この時期といえば…、エアコンの試運転です。
しかしこの暑さですと、試運転ではなく、本格稼働です。

「今日の気温は、現在の状態と今後の予測をみますと、さらに高くなることが懸念されます。エアコンを稼働しますので、窓を閉めてください」と、校内放送が入ると、校舎のあちこちから歓声が上がりました。

体力のある高校生といえども、熱中症は油断できません。
登下校も含め、十分注意しましょう。


お知らせ個別ページ|2019-05-27|

お知らせ 5.24 活気が戻ってきました ~ 中間考査終了



本日、3校時終了後、この4日間の静寂を一気にブレイクする賑やかさが…。
今日で、中間考査が終了しました。
プレッシャーから解放された笑顔が中央ホールに集まっています。
そこでは、来週行われる球技大会の抽選会が行われていました。
どうやら、「過ぎたことはとりあえず忘れて」次の目標に向けて気持ちを切り替えているようです。

廊下では、いつもの「語らい」も、戻っていました。

音楽室から軽快な金管のメロディー、校庭から金属バットの快音、中央ホールからは卓球のリズミカルなラリーの音が響いています。

一気に暑くなりましたが、それを追いかけるように、高校生の暑い夏も徐々に始まっていきます。

インターハイ予選、球技大会、英語検定と待ったなしで突き進みます。
皆様のご声援をお願いいたします。


お知らせ個別ページ|2019-05-24|

お知らせ 5.21  沈黙の青春 ~ 中間考査始まる



普段なら、校内であちこちから聞こえる歌声や元気のよい声が、今朝は聞こえません。今日から中間考査、いわば令和最初の定期考査です。

1年生にとっては初めての高校生としてのテスト。緊張感もひとしおです。
生徒たちの表情から、いつもの笑顔が消え、真剣勝負に向かう頼もしい姿を見せてくれています。

中間考査は今週いっぱい予定されています。


お知らせ個別ページ|2019-05-21|

お知らせ 5.17  花を生かすとは ~ 生活文化コース 「伝統文化」学習



今日は生活文化コースの特別授業を紹介します。

生活文化コースでは、年間10時間、伝統文化を学ぶための時間があります。
お茶、生け花、浴衣の着付けなど、池坊から講師の先生がきてくださり、直接ご指導をいただけます。

1年生は生け花の授業2時間目です。
「この子(花)の良さが生きるように活けてあげましょう」というご指導を受けながら、次々に真剣に剣山に活けていきます。
普段とは違って、その姿には、日本人としての伝統的な品格が感じられ、美しく、そして、頼もしくみえました。

「お家でやったことはありませんが…」といいつつ、「今日はこの花を持って帰ってお家で活けます」と、生徒たちは照れながら答えてくれました。

きっとおうちの人が喜ばれるだろうなと思ったとき気づきました。
生徒たちは先生によって、正に、「この子の良さを生か」されたのだということに。

次回は茶道について学びます。


お知らせ個別ページ|2019-05-17|

お知らせ 5.16  便利さと危うさは背中合わせ~ 自転車講習会



 

悲惨な交通事故の報道が続いています。
健康な生活が、ある日突然失われる、それが交通事故です。
交通事故は決して「対岸」の話ではありません。

本校は全校約800名中170名が自転車通学をしています。
今日は、「自転車講習会」として、豊田市交通安全学習センターから3名の方が、指導に来てくださいました。
前半の講習では、自転車にかかわる法律を中心にレクチャーがありました。
後半は自転車を使った実演から学びました。重い荷物を運ぶときは…、雨降りの時は…など、具体的な状況を踏まえながら、気を付けるべきことを学びました。

被害者にも加害者にもならないように、あすもあさっても笑顔で過ごせるように、くれぐれも気を付けて登下校しましょう。


お知らせ個別ページ|2019-05-16|

お知らせ 5.15 違いがわかるかな?二つの学習形態 ~ テスト前のスパート



右の写真と左の写真、どう違うかわかりますか?

左の写真は選抜コースの7時間目の授業です。

本校の選抜コースは少人数制。週に4日間、7時間目の授業に取り組んでいます。
今日は理系選抜の6人は、数学の演習です。文系選抜は、生物の授業でした。

生徒たちは疲れた様子も見せず、集中して取り組めています。

 

右の写真は、自習です。

同じ時間帯ですが、今日から「考査前学習会」が始まりました。

一人で課題に取り組んだり、友達同士で教え合ったり、もちろん先生が教えに来てくれることもあります。

 

中間考査は1週間後です。学校はしばらく学習モードとなり、穏やかな時間が流れることになります。

やっぱり「本分」は勉強です。

頑張れ豊田大谷生!


お知らせ個別ページ|2019-05-15|

このページの上へ