学校法人尾張学園 豊田大谷高校

お問い合わせ 資料請求

トップページ > 豊田大谷高校

豊田大谷高校

お知らせ 4.26 教科書と違う授業 ~ 外部講師による特別授業



本校の最も大きな特色はコース制をとっているところです。
今日は2つのコースで特別授業が行われました。

スポーツ選抜コースでは、2・3年生合同でW.A.Cアカデミーの吉田先生から『アクティブスピーチ』の講義を受けました。

そこでは、バスケットボールのゲームにおいて様々な条件を設定された中で、アシスタントコーチとして、選手にどのような声掛けをするかという課題に取り組んでいました。

表現力を磨くことは考え方を整えることにつながります。

様々な場面での大きな成果が期待されます。

情報メディアコースでは、名古屋情報メディア専門学校の加藤先生からITにかかわる資格について、また、その重要性・有効性について教えていただきました。

本校では資格取得に力を入れ、多くの機会を設定しています。

自分の好きな領域での専門的な授業に、生徒の目は普段の授業より一際輝いて見えました。


お知らせ個別ページ|2019-04-26|

お知らせ 4.25 命尊し ~ 花まつり



本来は4月8日が花まつりとされていますが、本校では本日全校行事として行いました。

舞台上に設置された花御堂に、花を手向け、赤ん坊姿のお釈迦様に甘茶を灌ぐ「灌仏会」本来のセレモニーを、生徒代表が行いました。

その後、宗教科の先生から「命についての講話」がありました。

「天上天下唯我独尊」の意味から、本校の校訓「命尊し」につなげて、阪神淡路大震災で実際にあったことをもとにしたお話に、全校が聞き入っていました。

「すべての人の命はすべて等しくこの世で大切な命なのです」

全校で心を一つにできたいい時間となりました。


お知らせ個別ページ|2019-04-25|

お知らせ 4.12 きびしい?たのしい? ~ 初めてづくしの高校生活スタート


今日から、2・3年生は新年度の授業が始まりました。
1年生は、1日をかけてオリエンテーションです。
担任の先生、クラスの仲間と自己紹介をしました。

次に、部活動の紹介、そして、校長先生から改めて講話をいただきました。
午前中最後は教務主任から。高校での生活全般について、丁寧なレクチャーを受けました。

お昼は、初めてのランチタイム。「どこで食べても、何を食べても自由です」という担任の先生の話に、初めは戸惑っていた生徒たちも、それならと、少しずつ思い思いの動きに。
ランチルームに行く人もいれば、ホールのテーブルで仲間同士集まって食べる人たちも。

「高校って自由だなぁ」と実感しながら食べる1年生の姿の後ろを、先輩たちが「1年生ってかわいい」と立ち止まっていました。

いよいよ来週からは、高校の授業のスタートとなります。


お知らせ個別ページ|2019-04-12|

お知らせ 4.11 ボン・ボヤージュ ~ 平成31年度始業式





昨日の入学式に続いて、今日は始業式を行いました。

全校795名での新学年は、静粛な緊張感の中での船出となりました。

式辞の中で校長先生からは、次のようなメッセージがありました。
「あきらめない限り、チャンスはまたやってくる。頑張り続けたことにこそ誇りをもってほしい。一生懸命、頑張れる自分でありたい」
「合掌の意味をもう一度考えよう」

続いて、新入生代表の杉山君が、いい仲間づくりをすること、なりたい自分を見つけ、その実現に向けて、努力すること、一日一日を大切にし、充実した三年間を過ごすことなど、頑張りたいことを述べました。

それを受けて、生徒会長の按田さんは、「豊田大谷高校は、楽しくやりがいのある学校、早く学校に慣れて一緒にがんばろう」と歓迎のことばで優しく応え、がっちりと握手を交わしました。

式後には、春休み中にがんばった部活動などの表彰伝達・披露がありました。
ソフトテニス部の全国私立選抜団体第3位、個人ベスト16位、ダンス部の中日本第3位、野球部の西三河地区予選第3位、ふれあい書画展特選の竹元さんに、校長先生から表彰状が改めて手渡されました。

花吹雪の舞うなか、いよいよ平成31年度の豊田大谷丸の出航です。


お知らせ個別ページ|2019-04-11|

お知らせ 4.10 新しいもののにおいに包まれて~平成31年度入学式



本日は平成31年度入学式を行いました

あいにくの雨となりましたが、校庭の桜は新入学生をちゃんと待っていてくれました

今年度からリニューアルした新しい制服たちが329名そろいました

校長からは「「挨拶・返事・少しの我慢」を基本に据えて、変化する時代に一緒に成長していこう」と歓迎の言葉がありました

理事長からは「人生に無駄なものは一つもない、納得がいかないことでも「縁」、貴重な機会としてとらえ、自分を成長させる高校生活を送ってほしい」とお祝いの言葉をいただきました

ご来賓からも「がんばれ」のエールをたくさんいただきました

新入生代表の田中さんが「悔いのないように精一杯努力を重ねていきます」と、誓いの言葉を述べると、校長先生が一生にがんばろうと手を差し出し、がっちり握手をしました

式後は、各教室に入り、新しい担任と新しい仲間と出会い、新しいもののにおいに包まれて、高校生活がスタートしました

空は徐々に明るくなり、小鳥のさえずりが聞こえてきました

明日はきっといい天気になることでしょう


お知らせ個別ページ|2019-04-10|

お知らせ 4.8 令和への胎動・新たな出会い~離着任式・学級発表



 

本日は、新学年準備の日でした

まず、体育館で離着任式を行いました。退任された7名の教職員をお送りし、お迎えした6名の方と挨拶を交わしました

離任される先生からは、「挨拶できる生徒に出迎えられ、見送ってもらえるのは幸せ。ますますいい学校になるように祈っています」とのお言葉を、着任された先生からは、「大きな目標を設定して一緒にがんばろう」との檄をいただきました

その後、新しい教室で学級発表がありました

新しい学年が始まるさわやかな緊張感と温かい期待とが笑顔となって、教室いっぱいにあふれていました

本校の入学式は4月10日、始業式は11日を予定しています

桜たちが待っててくれることを祈っています


お知らせ個別ページ|2019-04-08|

お知らせ 3.28「負けたことがある」のも「財産」~春の全国選抜 ソフトテニス部健闘



本校ソフトテニス部は、スカイホール豊田において3月28日から3日間の日程で開催された第53回全日本高等学校選抜ソフトテニス大会に、開催県代表および東海代表として出場しました。

地元開催ということもあり、本校生徒・教員・卒業生を始め、地元中学生など多くの人たちの応援をいただき試合に臨みました。

2回戦は九州代表。接戦の末、勝利を納めました。
3回戦は関東代表。善戦及ばず惜敗でした。
結果はベスト16という成績でした。

皆様の熱い声援のお陰で、技術面・精神面ともに、非常に貴重な経験をさせていただくことができました。応援に来てくださった多くの方々に感謝いたします。ありがとうございました。

この経験を糧に部員一同、4月から地区予選が始まるインターハイに向けて、新たな気持ちで練習に励んでいます。

引き続きご声援よろしくお願いいたします。


お知らせ個別ページ|2019-04-02|

このページの上へ